ヤれるなんて嘘でしょ!?これを抑えればヤれます!PCMAX攻略法

まずは自分のプロフィールを充実させることが大事です!

僕の経験上、正しい使い方をすればPCMAXでセックスさせてくれる女性と出会うことは、さほど難しくありません。難しいのは、この「正しい使い方」を知ることです。

これを知ってしまえば、あとは実践するだけ。ヤれる可能性が爆発的に上がりますよ!

PCMAXを使っている男の人が適当になりがちなのがプロフィールの作成です。身バレを怖がっているのか、それとも重要でないと高を括っているのかわかりませんが、このプロフィールはものすごく重要な武器になることをまずは認識しないといけません。

プロフィールはできるだけ充実させてください。文字数が少ないと、女性は興味を持ってくれませんよ?自分がどんな人間なのか、プロフ欄に丁寧に書き込むことで安心感も持ってもらうことに繋がるんです。

文字数が多くても、箇条書きになっているプロフはよくありませんね。ちょっと事務的というか機械的な感じがしませんか?冷たい雰囲気が出てしまうので、文章で書くようにしましょう。

敬語だけど少しくだけた口調にすると、堅すぎずチャラすぎず、ちょうどいい雰囲気が出せます。

選択できる欄は全て選択し、入力漏れもないように気をつけてください。趣味や仕事、性格などに関する情報を書き込めばより充実しますし、それを見てくれた女性も安心してくれるはず。

このプロフを丁寧に作成するだけでも出会いの確率が上がると思っておきましょう!

定型文のようなメールやり取りは相手が冷める?

たくさんの女性に一気にメッセージを送った方が、確かに効率は良さそうですよね。

でもこれをしようとすると、どうしても定型文か、それに近い文章で送る必要が出てきます。アプローチする女性が数人であっても、面倒くささからか、1度作ったメッセージの内容そのままで使い回す男の人もいるようです。これでは、女性は返信してくれませんよ。

女性は日頃から身近な人とメールやLINEなどでやりとりをしています。相手の送ってきた文章を見れば、それが定型文かどうかくらい見分けがつくんです。

「自分のプロフィールに一切触れてない」とか「他の女性にも当てはまりそうな内容だな」と思われたら最後。相手も冷めてしまい、いくらアプローチしても反応してくれることはないでしょう。

面倒かもしれませんけど、そう思った時点で女性とは出会えないと思っておくべきです。1通1通丁寧に文章を考え、相手にぴったりな内容でアプローチすることを徹底してください。

出会いから相手を惚れさせる為にはどうする?

プロフも丁寧に作成しアプローチも成功したら、いよいよ女性との出会いが叶います。でも、会った瞬間に相手に冷められてしまったら意味がありませんよね。セックスなんてできずにサヨナラするしかなくなってしまうでしょう。

そうならないためには、第一印象が重要になってきます。第一印象を良くするためのポイントはいくつもありますよ。

髪型もそうだし、服装もそう。表情や言葉の使い方、立ち居振る舞いなども印象を決める重要な要素です。どれも清潔感がないとダメだし、常識やマナーなども守っていることが大前提となってきます。

女性に良い印象を持たれる男性像を例として挙げてみましょう。

  • 服装が体型や雰囲気に合っている
  • 丁寧な挨拶ができる
  • 笑顔など表情が明るい
  • 正しい姿勢&綺麗な歩き方
  • 全体的に清潔感がある

逆に、女性に悪い印象を持たれる男性像はこちら。

  • フケが付いている
  • ヨレヨレだったりボロボロの服
  • 派手で個性的過ぎる服装
  • 口臭がある
  • 表情が暗い

人は無意識に印象が悪くなることをしがちです。鏡などもチェックしながら、清潔感に特に気を配りつつ女性との待ち合わせ場所に現れるようにしてください。

セックスが好きな女性は少なからずいる!

出会い系サイトやアプリを使って相手を探す女性が増えてきています。最近は特に増加傾向が見られるので、利用者数の増加に比例してセックスが好きな女性やセフレを探している女の子のユーザーも増えてきているんです。

出会い系サイトの中でも最大級の規模を誇るPCMAXには、相当な数のエッチ好きな女の子がいると思って間違いないでしょう。

僕もそういう女の子と会えているし、まだまだ発掘できていない女の子も山ほどいると確信しています。

正直、テクニックとか関係ありません。女性も刺激が欲しいと思っていますからね。テクニックよりもどれだけ安全で手軽にセックスができるか、これを重要視しているんです。

そうしたセックスを求めている女性を、男性が見つけてあげることが重要!他の男性が見つける前に、プロフやメッセージの内容などに気をつけてエッチな女の子をゲットしちゃいましょう!