【PCMAX体験談】エロすぎ注意?私が体験したPCMAXでの出会い

まずはセックス出来そうな女性の吟味から始めましょう!

PCMAXで女性と出会ってセックスするためには、それが可能な女性を選ぶことが大切です。僕は何よりも、女性のそういう部分がプロフィールなどに滲み出ていないかをチェックしています。

とにかく多くの女性ユーザーがいるので、選別するのは一苦労。その中で、明らかに承認欲求が強そうで、でも暇を持て余していて、とにかく寂しいと語っている女性を発見!

この手のタイプは、仲良くなるとすぐにいろんなことを話してくれるし、一旦仲良くなればちょっとやそっとのことでは離れてはいきません。依存体質ですからね。

僕は早速アプローチを開始!楽しい雰囲気を忘れずに、でも礼儀もしっかりとわきまえて、できるだけ自分の情報を書き込んでファーストメッセージを送信。

最初のメッセージで全てが決まると言ってもいいので、ここはかなり時間を割いて作成しましたよ。

すぐに返事が返ってきました。いろいろと質問が書かれていたので、丁寧かつ慎重に回答。返事が返ってきたからと、ここで焦って物事を進めようとすると失敗しますからね。

返信が来ただけでも、この段階では大成功です。

PCMAXでのやり取りからLINEでのやり取りへと進展させよう!

僕はある程度はPCMAX内でやり取りをします。そうしないと相手の女性に信用してもらえませんから。ただし、会話の内容が少しずつ深くなっていって、相手も気を許してくれているなと感じたら、LINEでのやり取りへの発展を試みます。

ここでも焦らないことが大事!LINEのIDって個人情報ですからね、「早く教えて」的な雰囲気が出ちゃうと女性側も身構えてしまうので、「よかったら交換しませんか」的な感じで攻めないといけないんです。

僕は、「自分のID教えるんで、よかったら連絡ください」みたいな感じで直接のメッセージ交換へと持っていきます。これなら強制って感じもしないし、女性側に完全に委ねてるので安心感も与えられるんです。

で、LINEへのやり取りへと無事移行。トークの内容はさらに濃密なものになっていって、趣味の話とかも出てくるようになります。女性がスイーツに興味があるという話を聞き出した僕は、「じゃあ、一緒に食べに行かない?」と誘いました。

この時には、ちょっとした下ネタも言える仲になってますよ。そういう雰囲気を僕の方から自然と作り上げましたからね。

ここまでくれば、あとは日時を設定してデートの約束をするだけです。

最初はカフェでまったりしていこう

LINEのやり取りまでできている女の子であれば、ドタキャンされることはまずありません。女の子は待ち合わせ場所にちゃんと現れてくれます。

まずは一緒にカフェへ。ここでも焦らないことが大事!いきなりホテルに行くなんて、ほぼ無理ですからね。

事前に好きな食べ物や飲み物などの好みを聞き出していますから、それがしっかりと堪能できるカフェを事前に調べておきます。

ふたりで食べたり飲んだりを楽しみながら、LINEで話したことを中心にトークを展開。用意した質問や、この話は好きだろうなと思う話題を中心に会話を進めていくと、無言状態になるのも防ぐことができるんです。

僕はこうしたことを重視しながら、彼女とのトークを広げていきました。

デートプランもそうですけど、トークの内容や展開などもあらかじめプランを練って、女性と会うようにしています。それがビタっとハマったわけですね。

徐々に距離を近づきながら、ホテルへGO!

カフェでお話をしていれば、だいぶ距離が近づいていきます。初めて会ったのがウソみたいな感覚になれれば、かなり接近できた証拠でしょう。体よりもまずは心の距離を縮めることが大切なんです。

実際に心の距離が近づいたと感じた僕は、ちょっと話し足りないという雰囲気を残したままお店を出ます。この物足りなさ感が次の行動へと繋がるんですね。

お互いに満足してしまったらカフェの時点で終わってしまいますから、それを避けるためには「もうちょっと一緒にいたい」と思っている時に次の行動に出るしかありません。

歩きながら、敢えてホテルのある方へと近づいていきます。ホテルの前で、「ちょっと寄って行かない?」と聞けば、OKの返事しか返ってきません。

僕はもちろんその女の子とホテルへ入って、セックスを楽しみました。

趣味も見た目も素朴で良い雰囲気の女の子だけど、セックスをしてみれば欲求不満だったんだなってことがわかります。見た目とプレイのギャップを楽しんだ僕は、大満足なひと時を楽しむことができました。

これだからPCMAXはやめられないんですよね。