会長挨拶 地区社会福祉協議会の組織図


   

本部  本会の目的達成に必要な事業の推進と各部会・委員会の総括。
福祉部会  憲法25条に基づく地域における福祉充実を求めながら、高齢者の多い地区の現状をふまえ、お年寄りを尊ぶ事業や福祉のネットワークづくりに取り組む。また、障害者と健常者とのふれあいをすすめ、時代に即応した事業を推進し、福祉・きょういくのあり方の研修に努める。特に、災害時における高齢者・障害者援助の地域支え合いをすすめる。
青少年を守る部会  青少年の健全育成を図るため、学校及び地域の人々、関係機関の協力を得ながら、地区ぐるみの活動を推進する。
 「テーマ」は、親子のふれあい事業等を通じ、「富田を愛する青少年を育てる」とする。
環境部会  十四川堤防およびフラワーロード(市道 西富田・阿倉川線)で、花いっぱい運動の活動を行なう。それとともに、十四川堤防の清掃を実施し、環境の美化と保全に努めて、ごみのポイ捨て防止等住民マナー向上の啓蒙活動とする。
広報文化部会 ・文化祭の開催により地域の文化活動の推進をする。
・地区広報「とみだ」の発行により地区内の活動を広く伝え、地域の活性化を推進する。
健康推進部会  住民の体力づくりや健康推進のために事業を行い、住民相互の交流と健康の保持増進を図る。
人権教育推進部会  一人ひとりが、お互いの人権を尊重し合い、差別のないあたたかいまちをつくるため人権教育の推進に努める。懇談会、講演会、研修会等の実施を通じて人権問題に対する正しい認識を育て、人権意識の高揚を図る。
ボランティア委員会  社会が一段と高齢化するなか、「後期高齢者医療制度」なるものが発効、運営され、“長生きするのも、苦しみを道づれか”は置くとして、私達ボランティア委員会は、普段の努力を怠ることなく、少しでもきびしさに潤いをもたらすことができればと思います。
文化事業実行委員会  より豊かな感性を地域にと、多様な文化事業を展開し、多くの人々に交流の場を提供し、まちづくりに貢献しいく所存です。
宅老所運営委員会  高齢者の介護予防を図るため、ふれあいいきいきサロンを運営し、閉じこもりをなくし、気軽に交流や生きがいづくりの場として事業を実施する。
文化財保存会  富田の歴史に誇りを持ち、地域を愛する心を育てる。
 地域を過去から現代までの生活の流れの過程や歴史・史跡を知ることによって、先人の努力が今日のまちの発展につながっていることを理解し、富田のまちづくりの発展に貢献する.
ホームページ委員会  富田地区ホームページの作成、編集、及び更新を行うことにより、情報の発信を通じて地区の活性化を図る。